ポリエステルワイプの開発見通し

ポリエステルワイプ開発の見通し
多くの企業がポリエステルワイプ市場に参入しようとしており、一般のペーパータオル市場と同じではないため、同時に完全に独立した製品カテゴリーとして投入していませんでした。市場販売、メーカーは多くの制限の投資と消費者の意識を促進するために、実際の独立した市場からポリエステルワイプ市場はまだいくつかの距離があります。 "しかし、我々は近年、ポリエステルワイプの自発的な受け入れの程度の消費者が徐々に成熟し、より多くのビジネスを行う、より多くの人々を購入することを見なければならない、ポリエステルワイプ市場は大きなチャンスに直面している。

業界は、中国のポリエステルワイプ市場は、 "吹き飛ばしパディング期間"にあると予測し、氷を破壊し、業界の成長を促進する小さなものになります。 インフルエンザの特別な期間が少しなることはありますか? 国内のタイプのポリエステルワイプのほとんどは、通常のクリーン、抗菌性のポリエステルワイプのカテゴリーに限定されており、特に北米、ヨーロッパなどの先進国や地域では、世界では国内のコグニティブレンジをはるかに超えるポリエステルワイプが、テーブル消毒のポリエステルワイプは、海外でも人気があり、国内の例で登場しました。 したがって、国内のポリエステルワイプ市場も国際基準に準拠しています。 企業はまた、市場の動向を制御することはできません理解し、一旦ポリエステルワイプ市場の台頭、彼らは迅速にフォローアップする必要があります。 この意味で、ポリエステルワイプのカテゴリ市場は、遅かれ早かれ時間の問題で爆発しました。
国内市場、ポリエステルワイプの比較的低い浸透率はまだ醸造期間の前に依然として高いですが、近年では、開発の勢いを加速させることが示されているが、2000年前後のようにポリエステルワイプは、中国の "エキゾチック"に入るために。

居住者の収入が年々増加する中、中産階級および若者、ホワイトカラーの家族グループは、消費の生存から消費の発展、消費の新しい消費者へのライフスタイルの変化、消費構造の成長を続けているアップグレード、健康の概念、きれいな意識中国のポリエステルとなった増加は、重要なマクロベースの市場の急速な成長を拭く。 したがって、中国のポリエステルワイプ市場の将来の成長率は世界の最前線を維持することが予想され、世界的な割合のポリエステルワイプの市場シェアは年々増加すると予想されます。

2011年から2015年までの中国製紙工業協会の紙専門委員会の統計によると、中国のポリエステルワイプス市場規模は13億6000万元から29億9000万元になり、年間の化合物率は21.77%になります。 そのうち、2014年に中国のポリエステルワイプは24億3000万ドル、約4億ドル、世界の割合は約2.9%、2009年は0.5%増加した。 中国のポリエステルワイプ市場は今後も急速な成長を維持すると予測されています。