2016-2022年の中国の赤ちゃんポリエステルワイプ産業に関する調査

2016-2022年の中国の赤ちゃんポリエステルワイプ産業に関する調査

1980年代後半には、中国はいくつかの国内企業がポリエステルワイプ、上海日立ライン衛生製品有限公司を生産するようになった。 (以前は上海カートン7作品として知られている)はポリエステルタオル製品の企業の初期生産の一つであり、ブランドは "唯一の愛"(企業は外国企業のブランド製品を行うためだけです)、ポリエステルの期間はメインを拭く家庭市場用の製品。 1990年代半ばと後半には、ポリエステルワイプの開発の初期段階でした。 ハルビン・ジンギ・ペーパー・カンパニー・アンド・フー・トンング・ボファ・コーポレーションは、台湾の太平社とq基会社が製造した10枚以上の平らなポリエステルワイプを購入しています。 長春シーター健康製品有限会社 米国、スイス、スペインからPolyester Wipeを導入し、機器の切断、折りたたみ、包装を行っています。 この間、ポリエステルタオルの生産は、家庭消費を急速に増加させる外出(商業)製品の歩留まりおよびクラスを著しく改善することができるが、その使用は、(手と顔を拭く)肌、多様な構造。

2000年以降、私たちの国のポリエステル濡れたタオルの急速な開発段階です。 ジョンソン&ジョンソン(中国)有限会社 国内市場に参入した後のポリエステル製タオルのベビーケアの生産、私たちのチーフエンジニアミスター飛行最初の国内の研究と国内のポリエステルワイプデバイスの国内のポリエステルワイプの機器の開発では、フィールド内に入る企業の

2003年の突発的なSARSの発生は、殺菌されたポリエステルワイプを市場で最も人気のある商品にしました。 製品の量が急激に増加したので、それは北京および他の都市でさえ現れた。 SARSの後、一般的に強力な市場の需要を強化する人々の健康意識は、ポリエステルワイプス機器製造の開発のための機会を提供しています国内のポリエステルワイプス機器製造業界は急速に発展している。 ポリエステルタオルの生産者は、江江paper紙を増やすために、株式会社は、広西壮族自治会家庭生活保護製品有限公司を、紙の有限公司に倍増、大企業や中小企業の生産能力。 現在、国内市場には数多くのポリエステル製ウェットタオル製品があり、高品位品の輸出が盛んであり、固定式ブランド加工品も増加している。

中国では、毎年2億〜3千万の乳児が生まれ、8〜36カ月齢の乳児は約4,500万人、子供は3億2,100万人で、そのうち8,000万人は0歳から4歳の子供です。次は10年から20年の間に、ポリエステルワイプ付き家庭内の乳児は、強い発展の見通しを示すでしょう。 特別なポリエステルの赤ちゃんウェットワイプ2009年から2012年には、アプリケーションの上昇数に、保健意識の向上、ベビーグループとして、市場の容量、市場の容量を8.593億個、2009年、2010年、10.20億円、 2011年までに123億7200万ユーロ、市場規模は146億5000万枚となりました。

多くの企業は一時的にポリエステルワイプ市場に暫定的に、それが一時的に正常な組織市場を好きではないことができるため、同時に、完全に独立した製品カテゴリとしてそれを取っていない、人々の必需品になるので、全体的な市場販売、メーカーは本当に独立した市場から離れてポリエステルワイプなどの制限の消費者の認識と投資を促進するためにはまだ一定の距離があります。 "しかし、我々は、ポリエステルワイプスの自発性のためのこれらの数年の消費者の受け入れは、徐々に成熟している、エンタープライズ、買う人が多い、ポリエステルワイプ市場は大きなチャンスに直面している必要があります参照してくださいする必要があります。

業界は、中国のポリエステルウエットタオル市場は "吹き飛ばしの段階"にあり、業界全体の成長を促す小さなイベントによって推進されると予測しています。 インフルエンザの特定の期間は、この小さなものになることはできますか? 家庭用ポリエステルワイプの種は、定期的な洗浄ウェットワイプ、抗バクテリアポリエステルタイプ、世界で特に依然として北米、ヨーロッパ、その他の先進国、そして人々の認知範囲をはるかに超えるポリエステルワイプの他の先進国に限られています。ポリエステル製のタオルの国内のコンテンツのテーブルの消毒は、海外で広く普及している、国内の先駆的な例です。 したがって、国内のポリエステル製の濡れたタオル市場はまた、国際的なものと一致する。 企業は市場の動向がコントロールできないことを理解しており、ポリエステルの濡れたタオル市場が上昇すると、彼らは迅速にフォローアップする必要があります。 この意味で、Polyester Wipesの市場が爆発するのは時間の問題です。